ダイヤモンド ピアス

ダイヤモンド ピアスお支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

ダイヤモンド ピアス

このページは「普遍的な価値をもつ金 」の情報コンテンツです。
ダイヤモンド ピアス > 普遍的な価値をもつ金

豆知識

普遍的な価値をもつ金。太古の昔から装飾品としても定番

ダイヤモンドと並び、金も装飾品として昔から利用されてきました。ダイヤモンドと金を使ったピアスもよく見ますね。金の特徴についてご紹介します。

金の性質

金の写真 金はその黄金色に輝く美しさにより、古くから装飾品として利用されてきました。また、非常にやわらかい金属で加工がしやすく、他の金属と溶け合いやすく合金として利用することが多いです。純金はやわらかすぎるので、他の金属と混ぜることで強度を強くしています。金はさびることがなく、アレルギーが起こりにくいところも古くから装飾品に利用されてきた理由でしょう。

さまざまなものに利用される金

金は装飾品としてはもちろんさまざまな用途に利用されています。薄くのばすことができることから、金箔として装飾したり、お酒や食べ物に入れたりもしますね。無味無臭ですが、料理が華やかに見えます。さびにくさ、高い導電性から電子部品にも数多く使われています。それから、その希少性から通貨としても使われてきました。日本でも小判として金が使われていました。投資の対象としても金は人気があります。経済状況が良くない現在、普遍的な価値をもつ金の価格は上昇しています。

18金について

金を品質を表す言葉として、18金(18K)とか24金(24K)とか聞いたことがあると思います。これは金の純度を表しています。金の純度は、1~24で表します。純度100%の金を24Kとして表します。実際は、99.99%以上の純度の金を24Kと表示していいことになっています。単位のKはカラット(Karat)というもので、宝石の重さを示すカラット(Carat)とは、また別のものです。18Kは、24分の18という意味で、つまり純度が75%になります。金はとてもやわらかい金属なので、強度を強くするため、あるいは価格を抑えるために、他の金属と混ぜて利用するのが一般的です。

ダイヤモンド ピアス 激安通販