ダイヤモンド ピアス

ダイヤモンド ピアスお支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

ダイヤモンド ピアス

このページは「模造ダイヤモンドの見分け方 」の情報コンテンツです。
ダイヤモンド ピアス > 模造ダイヤモンドの見分け方

豆知識

模造ダイヤモンドの見分け方! 偽物にだまされないように気をつけて

残念ながら、ダイヤモンドの偽物を売りつける詐欺はあとを立ちません。これらの模造品には、ジルコニアという物質やガラスがよく使われます。見分け方の例をご紹介しましょう。本来は専門家に鑑定してもらうのが一番ですから、あくまでも簡易的な方法と考えてください。

エッジを確認する

ダイヤモンドの石の写真 角の摩耗を確認するという方法があります。ダイヤモンドはもっとも硬い物質ですから、 角が摩耗して丸くなることはありません。 一方、模造品はそれほど硬度がないため、摩耗して角が丸くなります。 よく鑑定人がルーペで見ているのは、角が摩耗してないか調べているのだそうです。 皆様も今まで大事にお持ちになっているダイヤを、虫めがねで確認してみるのもいいですね。 今すぐできる確認方法ですので、おすすめです。

油性ペンで書く

ダイヤモンドは油になじみやすい性質がありこれを利用する方法です。 本物のダイヤなら油性ペンで書くことができます。偽物なら油を弾いてしまって書くことができません。 親油性が高いので、ダイヤモンドを手で触ると油がついて輝きが失われます。油を取るには中性洗剤で洗いましょう。

冷蔵庫で冷やす

天然ダイヤモンド ダイヤモンドを冷蔵庫で冷やしてから、外に出すと水滴がついてくもります。熱伝導率がよく、水をはじく性質のある本物のダイヤモンドは、くもりがすぐになくなります。しかし、模造品だとなかなかくもりがとれません。もっと簡単な方法としては、息を吹きかけても見分けられます。本物ならくもりはすぐになくなるでしょう。

光り方で見分ける

普段、本物のダイヤモンドを見慣れてないと見分けるのが難しいですが、ジルコニアでできたものはキラキラと虹色が鮮明に光ります。本物はそこまできらついた感じではなく、もっと落ち着きのある光り方をします。

ラインテスト

裸のダイヤモンドでしか見分けることができませんが、紙のうえに黒いラインを引いて、ダイヤモンドで透かしてその線を見ます。模造品はラインが見えますが、本物はその屈折率により黒い線が見えないのです。

ダイヤモンド ピアス 激安通販