ダイヤモンド ピアス

ダイヤモンド ピアスお支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

ダイヤモンド ピアス

このページは「ピアスの注意点 」の情報コンテンツです。
ダイヤモンド ピアス > ピアスの注意点

豆知識

ピアスの注意点!ピアスでおこるトラブルを知っておこう。

ピアスは体に穴を開けますので、どうしてもその傷口によるトラブルが多いのが実情です。違和感を感じたらすぐに病院にかかるのが賢明です。そして、よくあるトラブルを把握しておくことも大事です。

細菌感染

ピアスと耳 ピアスを通すときに穴にまっすぐ挿入しないと、穴の側面の壁に傷がついてしまいます。その傷に細菌が入って炎症をおこして、腫れたり、膿が出たりすることがあります。ファーストピアスを外して、セカンドピアスを使うようになって少し慣れてきたころに雑に扱ってしまってよく起こります。炎症をおこして腫れると穴も小さくなってしまい、そこにピアスを通そうとしてさらに傷つけてしまいます。熱をもったり痛みを感じたらすぐに病院で見てもらいましょう。

消毒薬によるかぶれ

まだピアスの穴が安定してない時期に、頻繁に消毒薬をつけてかぶれることがあります。特にスプレー式の消毒薬でこの症状が多く報告されています。必要以上に消毒薬を使うとかぶれやすくなりますので注意が必要です。また消毒には専用の消毒液を使ってください。ピアス穴を開けて安定するまでも、消毒よりも軽く洗浄して清潔にすることが重要です。

金属アレルギー

金属アレルギーも頻繁に見られるトラブルです。赤くなったりかぶれたりします。傷ついたピアス穴をほったらかしてピアスを長いことつけていると起こりやすいようです。金属アレルギーについては事前にパッチテストで体質を確認することができますから、穴を開ける前に調べてみることをおすすめします。

ピアスのお手入れ

ピアスが汚れていると、ピアス穴から細菌が侵入してトラブルの原因になります。ピアスは使用後は汚れを拭き取ってください。そして、たまには洗剤で洗って清潔に保ちましょう。また、ピアスが曲がっていたり、傷ついていたするとピアスの穴を傷つける可能性ありますので、装着する前には確認しましょう。

ダイヤモンド ピアス 激安通販