ダイヤモンド ピアス

ダイヤモンド ピアスお支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

ダイヤモンド ピアス

このページは「ピアスの種類と特徴 」の情報コンテンツです。
ダイヤモンド ピアス > ピアスの種類と特徴

豆知識

ピアスの種類と特徴!ピアスのいろいろ

古くは魔除けにも利用されていたピアスですが、いまではおしゃれを目的としたものがほとんどです。いろいろな形状のピアスがありますので、ご紹介しましょう。

耳ピアスとボディピアス

大きくわけてピアスには耳につけるものと、耳以外の他のボディにつけるものがあります。耳ピアスと言っても、耳たぶだけでなく、耳輪の部分だったり、耳珠などさまざまな部位につけます。ボディピアスは、鼻や舌、おへそなどに装着することが多いです。

耳たぶにつけるピアス

スタッドピアス 耳たぶにつけるピアスにも様々な形状のものがあります。それらをご紹介しましょう。

スタッドピアス

まっすぐなポストと呼ばれるピンをピアス穴に通し、キャッチと呼ばれる留め具で固定するタイプです。キャッチ式のピアスとも言われます。もっともオーソドックスなタイプで、ピアス穴を開けたときに使うファーストピアスはこのタイプになります。

フープピアス

フープピアス ピアスが輪っかになっているタイプです。リングピアスとも言います。テレビで芸能人が大きな輪のピアスをつけているのを見たことがあると思います。かなり見栄えのするピアスですね。ポストと呼ばれる耳に通すピンのところだけが稼動するものとピアス全体が稼動して広げて通すタイプのものがあります。

アメリカンピアス

アメリカンピアス フックピアスとかチェーンピアスとか呼ばれたりもします。留め具であるキャッチがないタイプです。ポストが釣り針状になっており、ピアス穴にひっかけて使用します。キャッチがないので、とれたりしないか心配になりますが、案外落ちないものです。むしろ、キャッチのついたスタッドピアスの方がキャッチが外れて落としてしまうことが多いと思います。アメリカンピアスは、ピアスがゆらゆらと動きますから、かわいらしいイメージを出すことができます。

ボディにつけるピアス

ボディピアスの写真 ボディにつけるタイプのピアスでよくある形状がバーベルピアスです。形が重量挙げのバーベルに似ていて、棒状で両端が丸くなっています。バーベルと言うよりもダンベルの形ですね。棒の部分がまっすぐなストレートバーベルと少し曲線になっているバナナバーベルがあります。

ダイヤモンド ピアス 激安通販