宝石を美しくよみがえらせるジュエリー・リフォームとは

ライト

家の中に何年も身につけていないジュエリーがひとつふたつあるのではないでしょうか。眠っているジュエリーに新しい命を吹き込んではいかがでしょうか。

ジュエリー・リフォームの理由

ジュエリーを身につけなくなった理由の多くがデザインに対する不満です。おばあさんから譲り受けたものでデザインが古くさいとか、逆に当時流行していたデザインが派手すぎる、という理由で日の目を見ない宝石が多いのです。

特に多いのが立爪のダイヤモンドリング。一昔前の立爪ダイヤは石の高さが高いものが多く、デザインの古くささだけでなく、衣類に引っかかるなどの不満もあるようです。歴史があり、思い出が込められた宝石なのに使ってもらえないのはかわいそうです。思い切ってリフォームしてはいかがでしょう。

ジュエリー・リフォームの二つの方法

リフォームをする場合、石をカットするケースはほとんどありません。普通は石はそのまま活かして、周りを変えるリフォームを行います。その方法は大きく分けて二種類あります。一つは、枠から石を外して枠を取り替えるものです。これには既製品の枠を使う場合と新たにデザインを起こす場合があります。もう一つは石座などの一部をそのまま活かして、パーツを加えて違うものにする方法です。例えば、イヤリングの片方をなくした場合、残ったイヤリングのデザインを活かした加工を施し、ペンダントに作り替えるなどです。お気に入りのデザインを残したいときに適しています。

デザインに関する注意点

リフォームをお願いするときはデザイナーにできるだけ具体的に伝えることが大切です。例えば、「シンプルに」だけではイメージが的確に伝わりません。好みや希望をできるだけ具体的に伝えましょう。また、デザイナーを選ぶときはデザイナーの過去の作品例を見て、デザイナーの傾向を把握することが大事です。石を活かすデザインを好むタイプ、デザイナーの個性を前面に打ち出すタイプなどデザイナーもさまざまなので、デザイナーの傾向をよく知ることです。