世界の四大宝石とは

宝石のような空

宝石とは、天然鉱物の中で硬質で光沢の美しいもののことですが、実際は何か基準があるわけではありません。しかし、世界の四大宝石と呼ばれる、ダイヤモンド、ルピー、サファイア、エメラルドはその希少性と美しさから誰もが認める宝石といえるでしょう。

もっとも美しく、もっとも人気のある宝石、ダイヤモンド

まばゆいばかりのきらめきで、宝石の中の宝石といわれるのがダイヤモンドです。マリッジリングなど一生の記念となるジュエリーとしても大変人気の高い宝石です。ダイヤモンドの存在自体は古くから知られておりましたが、その硬さゆえに加工が難しく、長らく宝石として扱われることはありませんでした。しかし、15世紀にダイヤモンドでダイヤモンドを研磨するする方法が発見され、17世紀にはダイヤモンドの美しさを最大限引き出すブリリアンカットが発明されたことで、宝石としての不動の評価を得るようになったのです。ダイヤモンドの名はギリシャ語で「征服されざる石」という意味の「amadas」に由来しています。地球上でもっとも硬いことから不屈の精神の象徴でもあります。

赤い宝石の頂点に君臨するルビー

赤い宝石の中でも圧倒的な赤でひときわ目をひくのがルビーです。磨かないと輝かないダイヤモンドと違い、原石が地中から顔を出した瞬間にきらめく、とも言われます。ルビーは鉱物的には酸化アルミニウムの結晶であるコランダムに分類され、コランダムに2%弱のクロムが混ざったときに赤いルビーとなります。実は青いサファイアも同じコランダムで、赤みの濃いものだけがルビーの呼ばれ、それ以外は全てサファイヤと呼ばれます。ルビーの価値を決めるのはなんといってもその赤の色味です。あざやかで力のある赤はすごみを感じるほどです。ミャンマーではピジョンブラッド(ハトの血)と呼ばれる、赤が美しい最高級のルビーが採掘されます。

力のある深いブルーが特徴のサファイア

深い海の底のような静かな青で、サファイアは見ているだけで心を落ち着かせてくれます。中世ヨーロッパでは、神の意志を伝える石として、歴代のローマ法王や聖職者たちに崇拝されてきました。その深い青は、赤いルビーと対極にありますが、鉱物的には同じコランダムで、クロムが混じるとルビーになり、チタンや鉄分が入ると青いサファイアになります。宝石の世界では濃い赤をルビーと呼び、その他は全てサファイアになります。そのため、実はサファイアは青だけでなく、紫、ピンク、黄、緑、オレンジなど色味が豊富です。サファイアはラテン語で青という意味ですが、青以外のサファイアは、ピンクサファイア、イエローサファイアのように色の名をつけて呼びます。

クレオパトラも愛したエメラルド

エメラルドは新緑があざやかな5月の誕生石です。エメラルドの緑は生命力あふれる力強さを持っています。エメラルドは古くから宝石として愛されてきました。特にクレオパトラのエメラルド好きは有名で自分専用の鉱山を所有し、エメラルドに囲まれた生活を送っていたそうです。エメラルドはインクリュージョン(内包物)の多い宝石として知られています。ベストなのはインクリュージョンのないものですが、なかなかそのようなエメラルドにはお目にかかれません。インクリュージョンはつきものですので気にせずに、色が濃くテリのある輝きがよいものを選びましょう。日本では濃いグリーンの中に青みのグリーンが輝くものが好まれるようです。