鑑別書と鑑定書

書類

宝石は高価なものですから、自分が買った宝石が、どんな石で、本物である、と鑑別書や鑑定書で証明できれば、安心できるだけでなく将来財産として売買するときにも役に立ちます。

宝石の客観的なデータを記した鑑別書

宝石鑑別書はすべての宝石に対して発行されるもので、宝石の種類と天然石かどうかを判定するものです。宝石が本物なら「天然石コランダム・宝石名ルビー」のような表記がされます。鑑別書にはたくさんの検査項目の結果が書かれていますが、もっとも大事なのは鑑別結果で、検査項目結果はそれを導くための過程として掲載されています。鑑別書は石の成績を表すものではありませんので、品質を表すものや価格、産地は記載されていません。通常の鑑別書以外にも屈折率と比重だけを検査した簡易鑑別書というものもあります。

ダイヤモンドだけに発行される鑑定書

鑑別書がすべての宝石が対象になるのに比べて、鑑定書はダイヤモンド・グレーディング・レポートともいい、ダイヤモンドのみに発行されます。これは鑑別書とは異なり、ダイヤモンドの品質を評価するものです。評価は4Cと呼ばれる4つの項目(カラー、カラット、クラリティ、カット)で行われます。その結果がダイヤモンドのグレードとして記載されるのです。鑑定書は一粒の石に対して発行されます。なので、たくさんの小さなダイヤモンドを使ったジュエリーには発行されません。また、鑑定書を発行するにも費用がかかりますから、数千円程度の小さなダイヤには鑑定書はついてないのが一般的です。

宝石の保証書とは?

鑑別書、鑑定書には費用がかかるので、低価格のジュエリーには販売店独自の保証書をつける場合が多いようです。あくまでも保証書は販売店がジュエリーを販売したという証明でしかありません。ジュエリーの価値を証明するものではないので、注意しましょう。保証内容は販売店によって異なりますので、購入時にしっかりと確認してください。