知っておきたいジュエリーのお手入れ方法

お手入れ

大切なジュエリーですから、美しい輝きをいつまでも保てるようお手入れが大切です。定期的にプロにきれいにしてもらうのが理想ですが、日常的に自分でできるお手入れをご紹介します。

基本は拭くこと

指輪やネックレスなど、ジュエリーは肌に身につけることが多いので、意外と汗や化粧品で汚れてしまいます。ですから、お手入れの基本としては、その汚れを拭き取ってあげることです。ジュエリーを外すときに、汚れを拭く習慣をつけましょう。ただし、強くこすらないように注意してください。場合によっては、ほこりの中の微粒子によって傷ついてしまうことがあります。やわらかい布で宝石の表面をやさしくから拭きしてください。

宝石同士がぶつからないように

みなさんはジュエリーをどのように保管しているでしょうか。一つの箱にごちゃ混ぜに、ジュエリーを入れてないでしょうか。ジュエリーを保管する際は、それぞれの宝石がぶつからないように保管するのが基本です。硬度の高い石と低い石がぶつかったり、貴金属がぶつかったりすると、傷ついてしまいます。できれば、専用のジュエリーボックスを使用しましょう。一つ一つのジュエリーが触れ合うことなく保管できます。ジュエリーボックスがない場合は、一つ一つのジュエリーを小さなビニール袋に入れて、保管箱にしまってもよいでしょう。宝石同士がこすれ合わないようにすることが肝要です。保管時だけでなく、無造作にハンドバックに入れるなども厳禁です。他のものとぶつからないように注意してください。

保管の際はチェックも

いくら大切にしていても、落としてしまったり、ぶつけてしまうこともあります。衝撃が加わることで宝石を留める爪が緩んでしまいます。爪留めがゆるむと弱い衝撃でも宝石が外れてしまうかもしれません。保管するとき、お手入れをするときに爪留めがゆるんでないか、確認するようにしましょう。